--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/12/31 (Sat) 03:14



かの有名な作家ジョン・アップダイクは25か6のとき、
今こそ自分はペンと紙を取り作家になるべきなんだと気付いたらしい。
知り合いのよっちゃんも5年前までは一応物書きというか脚本家の端くれだったけど、
その内容たるや台詞どころかト書きの段階で批評家にぐうの音も言わせないというか、
田舎にありがちな煙草屋で店頭のマガジンラックにギリギリ置いて貰えるような、
成人雑誌や怪奇専門誌以上に些末な代物としか言いようがなく、
ボウタイの締め方やジーンズの裾上げ、ロングマフラーの上手な巻き方といった、
誰に教わるでもなく自然と身に付くはずの教養が絶対的に不足していたばかりか、
世間を斜に構えて見ることを何よりの楽しみとしていたこともあって、
例えば凶悪犯罪者の動機についてトラウマ云々と分析する医者をステレオタイプと呼び、
仮にもし「何にでも熱しやすく冷めやすい性格」と人から言われたとしても
それが生まれ持った性格かどうかと問われれば頭を捻らざるを得ないだろうと言い、
言い換えれば大好きな切り干し大根を毎朝毎晩食卓に出し続けていたら
たったの3週間ですっかり飽きてしまったというようなエピソードを耳にしたとしても、
その程度の大好き度だったに違いないと決めてかかるワンサイドぶりだったという話だ。

ひと月ぶりに会うよっちゃんは夏なのにえらくむくんだ様子で、
本人はその日の衣装をジュリーにインスパイアされたんだと頑なに主張していたが、
ライオネル・リッチーも驚きのアフロアメリカンな顔立ちや有り余った贅肉からして、
スーツの内側に見え隠れするサスペンダーはパパイヤ鈴木のそれに酷似していたし、
居酒屋で最初に対応した副店長も彼の自信が根拠のないものだとすぐに察知していた。
彼はビールと枝豆だけを頼むと「今ホストのバイトしてんのよっ」とニヒルに笑い、
いかにも外国人ですと言わんばかりに片言な若い女の子の店員に目を付けると、
彼女のジョッキを持つ手を握って「僕も日本語苦手なんだよっ」と早々に身体を寄せ始め、
その姿はTSUTAYAに2万も延滞料を払ってまで見続けた「恋人たちの予感」の影響で、
いつか自分の目の前にもメグ・ライアンの演じたサリー・オルブライトみたいな、
親友かつ恋人が現れるに違いないと思い込んでいた男とはまるで別人のようだった。

スポンサーサイト

2005/12/24 (Sat) 21:22

フィルターを軽く掃除しただけでエアコンはいたく喜んだ。
フランス語に女性名詞があるという情報をうろ覚えで知っていたせいか、
きっとエアコンもタイタニックと同じ花も恥じらう乙女に違いないと勝手に人物造形して
かれこれ5年の付き合いというに今まで正面から向き合うことなく逃げ続けてすまぬと
袴の裾を掴んで離さない薄幸のお宮を涙ながらに振り切る平成の寛一ことおべっかが
かれこれ5年も蔑ろにしたからって何?という開き直り感でシャワーをぶちまければ、
メタル切りと魔神切りがいっぺんにできるんじゃないかというような轟音を立てて、
スリット入りの白い直方体はみるみるうちに部屋中を暖気で包んでいった。
すると家から帰ってきてすぐは寒さで酔いも吐き気もすっ飛んでいたはずが
身体がぬくくなると食道経由で初キスに味の似た胃酸まで勢いよく沸き上がってきて、
ふと今日の忘年会でいきなり吉永小百合の話を振ってきた大学生のことを思い出した。

吉永小百合は50年近く培ってきた己が女優魂というか、
一年に一度しかチョコレートみたいな甘い洋菓子系統を口にしないらしくって、
じゃあチョコを食わない日常生活ではいったい何をやってるのかというと、
一日に一キロ欠かさずプールで泳ぐってんだからさすがプロフェッショナルだよねー
そうそう「プロフェッショナル」っていえば、
3年ほど前に元カノとそんなタイトルのビデオをツタヤから借りてきて見た気がするなあ
アンタッチャブルの脚本を書いてたデビッド・マメットの監督作品で、
ジーン・ハックマンが仕事のためなら仲間をも裏切る孤高の泥棒に扮しててさ
もちろんハックマンはフレンチコネクションの頃からこの上なく好きなんだけども、
その映画からたまらなく男気を感じたのはむしろ相棒役のデルロイ・リンドーの方で、
ブラウン管の前で小便ちびりそうになるほどのあまりにドライな生き様を目の当たりにして
後世は彼かサミュエル・L・ジャクソンに生まれ変わりたいと興奮し通しのボクを尻目に
彼女はアーティチョークのディップをつまみにドンピンをラッパ飲みしたせいか有頂天で、
丸の内通いのOLならアフター5のティップネスだのエグザスで補うところを
我こそ真のサユリストと言わんばかりに一年間我慢してたメリーとゴディバを
貪るようにして口に放り込んだ途端ゲロってまったくさんざんなイヴだったよ去年は

彼が「だからチョコやプールは手段じゃなくて目的なのよ分かる?」と言うと、
周囲も単に言葉を入れ換えただけのどこかで聴いたセリフだと指摘するどころか
先日のピクシーズ来日公演みたいに異様な盛り上がりぶりを見せた。

2005/11/30 (Wed) 03:19

海浜公園から台場までは本当に目と鼻の先という感じで、
何が「CXへお越しの際は一つ先の駅が便利」だ。と針谷は腹を立てつつドアをくぐる。

良く言えばその社屋は竣工当時の清潔さ真新しさを残し続けているものの
悪く言えばそれ以外のビルがほとんど見当たらないまさに野ざらしの状態だ。
受付で暇そうな契約社員が白手袋越しに小指の爪を噛んでいる事に気付いた彼は
ねえそれこれと同じで愛情に飢えてる証拠なんだよ。と乾燥した唇に前歯を当てた。
針谷は酸素糖分その他幼少期に培っておくべき教養一切が抜け落ちた子供の瞳で
たとえば今あなたの着ている服がスウェットでもベロアのジャケットでもよくて
とにかく黒地だとしてあなたの白いフケが全く付着していない保証などどこにもなくて
もちろんそのフケにしたって単純にあなたのものだけとは限らなくて
あなたの大切な人やあなたが日頃から心底忌み嫌っているあの人のかもしれなくて
もしそうと知れても知らなかったことをあなたは呪うでもなくて
かといって服に当たり気が触れたと勘違いした友人に宥め賺されるでもなくて
品川の手前は北品川で馬込の次が西馬込なのに日本橋の先が東日本橋じゃなくて
人形町なんだけど浅草橋のあともやっぱり浅草じゃなくて蔵前がくるんだ、と言った。

沙織はツートンの制服に蛍光色のセーター
カーキのショートコートに袖を通すと寒そうに彼を見て小さなあくびをした。
「K社でしたら23階ですからすぐそこのエレベーターをお使い下さい」

なぜ彼の向かうフロアが23階のK社と彼女に分かったのかというとおそらく
彼の訪れる30分前あたりで彼のような有象無象にある程度の耐性が付いたからだろう。
しかし針谷も一つあくびをするとぶるぶるっと全身を震わせていやもういいんです。と笑い
たとえば今僕の着ているベストはリバーシブルなんですがってどうでもいいか
ベストに限らず生まれてこの方リバーシブルを着こなしてる人間を見たことがないとか
手触りのいいスウェードなのに妊娠線付きのビール腹が透けて見える会社経営者とか
「起業!起業!」と夢を肴に飲んだくれる起業以前にもう人間廃業な学生とか
本題が深刻すぎて本当は引っ剥がしたいのに誰も手を伸ばせない奴のカツラとか
1時間カタログ眺めて2日考えて3週間後に配達された引き出物が期待はずれとか
告別式が一段落して親族席で一番酒をかっ食らってる人間が一番故人に関係ないとか
そんなことばかり気にしてるから行っても意味ないです、と自分の襟足を撫でたので
「ナルシスト」「ペシミスト」と書かれたノートの左欄に「正」の字を付け足す沙織だった。

2005/11/04 (Fri) 14:54

セミナー開始から終了までは4時間ジャストの240分、
口下手な自分の担当は7割だから「すべて首尾良く」なんてまずあり得ないんだけど、
まあでも今回ばかりは手応え大いにあった方で、会場全体の雰囲気も中々上々。
途中Vの送出ミスがあったりしていっちょ後輩のPAを張り倒してやろうかとも思ったけど、
ひとまず双方笑顔で締められそうと達成感と高揚感とで頬を赤らめながら、
一回りは年下の聴衆を見回し「何か質問ありますかあ」と猫なで声で尋ねると、
男女合わせて100は下らないだろう、フロアの入り口付近から「じゃ」と声が上がった。

本日御社のお話を伺いに参ったのは他でもありません
世界に名高いリーディングカンパニーである御社に興味があり
経営理念企業体制商品開発営業方針製造過程人材育成福利厚生
その他諸々他社とは決定的に異なる御社の強みを少しでも探れればと
新調したてのYシャツもはちきれんばかりの期待で胸膨らませておったわけですが

が。「が」ときた。なんてこった。
質問者は男だ。こんな重たっ苦しい枕詞なんか使うのは男と相場が決まっている。
空気が読めてないのか、読めてないことで逆に可愛さアピールなのか、
どっちにしろ本人が本心から聞きたくもなさそうなことばかり男は聞いてくる。うんこ。
その点、女はいい。森を見るから。森を見つつ四方の枝木にも配慮を絶やさないから。
いくつか用意しといた選択肢の中から、似つかわしい質問をしっかりとチョイスする。
たとえば今日みたいな四大卒予定の連中しかいないような企業説明会の場合、
まがりなりにも「四大卒予定」だから、どいつも多少のリサーチは済ましてるはずで、
まかり間違っても言葉の端々に「アホ」だの「クソ」だのといった感情が見え隠れする、
もしくは匂い立つような、プレゼンター引いては企業への喧嘩の売り方は得策じゃない。
とどのつまりはあんな前置きをしてる時点で可愛さアピールどころか、
ズバリ天下御免の向こう見ず、大海知らずの親知らずと知らしめとるのだよ小童がっ

あのすいません聞いてますか

聞いてますよもちろん聞いてます
今朝平らげたつもりのエッグ・ベネディクトが胃袋で悪さしてるだけなんですってば
つーかね、アメリカから帰ってもう6年するのにまだ向こうの水が懐かしくて
てか日本の水が酷すぎなだけなんだけど。何が「金沢水系」だっつーの、痴れ者めっ
というわけで今ゴクゴク飲んでるのが先月買収したとこが作ってたミネラルウォーター
来月らへんには成分パッケージや宣伝広告その他全面的に改良を加えまして
商品名まで変えたらまったくの別物じゃないのっていうツッコミはご愛敬でご勘弁
全国大手スーパーコンビニ並びに今流行りのウォーターバーで一斉売り出し棚卸し
ショーケースに陳列されちゃいますので買わなきゃ殺すぞ下衆野郎

と言わんばかりの表情を旬を過ぎたプレゼンターの分際で浮かべる彼女、
ひとまず名刺だけ貰っといて後で個人的に連絡取れないかなと質問者の彼は思った。

2005/10/31 (Mon) 00:05

もぐわい

彼女の鞄にはモグワイのファーストがいつも忍ばせてある。
針を落とせばいつ何時でもグラスゴーの恐るべき子供たちが現れて、
ふと真夜中の京葉道路沿いを歩かされているような感覚にさせてくれるからだ。
暗室から出られないままのネガみたいなストレスに充ち満ちていて、
25の秋を迎えるまでに彼女が聴いてきたアルバムの中でもとりわけ重要な一枚。
そして、彼女の鞄には居酒屋で横に座った男の忘れ物も常に入っている。
ありったけのリキュールが置かれたガラスケースと、
隅っこに立て掛けられた過去付き合った男5人のデッサンと画板、
化粧っ気のないメイクボックスと洒落っ気のないクローゼットに、
近所の家具店で働く同級生から二束三文で購入したドイツ製のソファ、
前の彼が買い与えてくれたテンピュールの枕、上京の際に母から貰った卓袱台といった、
普通の一人暮らしをしている女性の部屋にありそうな物が彼女のアパートにはなく、
代わりにダンヒルの手拭いや見知らぬバーのライター、携番を書き間違えたコースター、
空になった名刺ケースなどが、日によって入れ替わり立ち替わり収納されるのだ。

昨日出席した立食パーティーは、あまりに散々な内容だった。
彼女が同郷の友人2人とレジから最も遠く離れた窓際のテーブルを陣取って、
どの卓でも当然のように繰り広げられる紋切り型の泣いたり笑ったりを眺めていると、
「ねえねえ、退屈そうじゃない」
誘ってきたのは、アンタチャブルの山崎を一層毛深くしたような頭髪と顎髭の男だった。
山崎はあたかも今まで幾度となく若い子を笑わせ、誑かしてきた殺し文句のように、
自分を「チャブルの山崎に似てるってよくいわれるんでーす」と空笑いで汗を拭った。
しかし汗は、拭いても拭いても毛穴という毛穴から次々と噴き出すばかりで、
当初グレーだったアニエスのニットも紺、黒、褐色という順番で落ち着いたのだった。
第1ステージクリアといった表情で山崎が自分の本名を紹介する間に、
別の卓で成り行きを伺っていた取り巻き数人も、会話の流れに乗り掛かってくる。
「ボクら別の席、ホラあそこで飲んでたんだけど」
「知り合いだけで固まるのって何か勿体ないっていうかさ」
「やっぱ『縁』ていうの?いろいろ大事にしてきたいなって思うし」
金融業界を目指している1人の取り巻きはいびつなパステルカラーを身に纏っていて、
おそらく派手目も地味目も敬遠されてきた結果の服装選択なのだろう、
IPOだのIBだのといったキーワードを自信たっぷりに振りかざしながら、
何大学?何学部?専攻は?サークルとかやってたりする?ゼミは?
へー就活してんだーどこ志望?と、おおよそ1分では答えきれない質問を連発した。
馬鹿馬鹿しくなり笑い出すと、しめたとばかりに今度は山崎が動いて、
「さっき携帯いじってたよね、ひょっとしてもしかして彼氏?」
「いや違うな、つまんないから友達とメールしてたんだよね?」
「ゴメンゴメン突っ込んだこと聞き過ぎ、でもカワイイんだもーん」
目の前にはすっかり冷めた串焼き数本と、誰も手を付けていない雑炊の鍋がある。
誰彼と寝に来たわけじゃねえんだよ糞が。彼女の空腹は頂点に達した。
「ちょっとケータイ鳴ってるから」
ついでにお手洗い、と誤魔化して非常階段まで逃げるように外の空気を吸いに行く。
今年ももう、残すところたった2ヶ月になってしまった。
セーラムに火をつけながら「寒っ、終電逃したらやばいなこれ」と呟くと、
鞄から黒地に「富士銀行」と白抜きされた1枚の写真と、1本の硝子瓶を取り出した。
「しゃべりすぎて喉渇いたでしょ。ほらお水。一気しちゃって」
着席してすぐ、彼女はスピリタスのなみなみ注がれたコップを彼らに差し出した

みたいなことを
隣で小学3年生らしき女の子がランドセルから取り出した、弁当箱の中身を見て思った。
ウイダーインのグレープ味1本と、カントリーマアム2枚だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。