--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/12/24 (Sat) 21:22

フィルターを軽く掃除しただけでエアコンはいたく喜んだ。
フランス語に女性名詞があるという情報をうろ覚えで知っていたせいか、
きっとエアコンもタイタニックと同じ花も恥じらう乙女に違いないと勝手に人物造形して
かれこれ5年の付き合いというに今まで正面から向き合うことなく逃げ続けてすまぬと
袴の裾を掴んで離さない薄幸のお宮を涙ながらに振り切る平成の寛一ことおべっかが
かれこれ5年も蔑ろにしたからって何?という開き直り感でシャワーをぶちまければ、
メタル切りと魔神切りがいっぺんにできるんじゃないかというような轟音を立てて、
スリット入りの白い直方体はみるみるうちに部屋中を暖気で包んでいった。
すると家から帰ってきてすぐは寒さで酔いも吐き気もすっ飛んでいたはずが
身体がぬくくなると食道経由で初キスに味の似た胃酸まで勢いよく沸き上がってきて、
ふと今日の忘年会でいきなり吉永小百合の話を振ってきた大学生のことを思い出した。

吉永小百合は50年近く培ってきた己が女優魂というか、
一年に一度しかチョコレートみたいな甘い洋菓子系統を口にしないらしくって、
じゃあチョコを食わない日常生活ではいったい何をやってるのかというと、
一日に一キロ欠かさずプールで泳ぐってんだからさすがプロフェッショナルだよねー
そうそう「プロフェッショナル」っていえば、
3年ほど前に元カノとそんなタイトルのビデオをツタヤから借りてきて見た気がするなあ
アンタッチャブルの脚本を書いてたデビッド・マメットの監督作品で、
ジーン・ハックマンが仕事のためなら仲間をも裏切る孤高の泥棒に扮しててさ
もちろんハックマンはフレンチコネクションの頃からこの上なく好きなんだけども、
その映画からたまらなく男気を感じたのはむしろ相棒役のデルロイ・リンドーの方で、
ブラウン管の前で小便ちびりそうになるほどのあまりにドライな生き様を目の当たりにして
後世は彼かサミュエル・L・ジャクソンに生まれ変わりたいと興奮し通しのボクを尻目に
彼女はアーティチョークのディップをつまみにドンピンをラッパ飲みしたせいか有頂天で、
丸の内通いのOLならアフター5のティップネスだのエグザスで補うところを
我こそ真のサユリストと言わんばかりに一年間我慢してたメリーとゴディバを
貪るようにして口に放り込んだ途端ゲロってまったくさんざんなイヴだったよ去年は

彼が「だからチョコやプールは手段じゃなくて目的なのよ分かる?」と言うと、
周囲も単に言葉を入れ換えただけのどこかで聴いたセリフだと指摘するどころか
先日のピクシーズ来日公演みたいに異様な盛り上がりぶりを見せた。
スポンサーサイト


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。