--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/11/30 (Wed) 03:19

海浜公園から台場までは本当に目と鼻の先という感じで、
何が「CXへお越しの際は一つ先の駅が便利」だ。と針谷は腹を立てつつドアをくぐる。

良く言えばその社屋は竣工当時の清潔さ真新しさを残し続けているものの
悪く言えばそれ以外のビルがほとんど見当たらないまさに野ざらしの状態だ。
受付で暇そうな契約社員が白手袋越しに小指の爪を噛んでいる事に気付いた彼は
ねえそれこれと同じで愛情に飢えてる証拠なんだよ。と乾燥した唇に前歯を当てた。
針谷は酸素糖分その他幼少期に培っておくべき教養一切が抜け落ちた子供の瞳で
たとえば今あなたの着ている服がスウェットでもベロアのジャケットでもよくて
とにかく黒地だとしてあなたの白いフケが全く付着していない保証などどこにもなくて
もちろんそのフケにしたって単純にあなたのものだけとは限らなくて
あなたの大切な人やあなたが日頃から心底忌み嫌っているあの人のかもしれなくて
もしそうと知れても知らなかったことをあなたは呪うでもなくて
かといって服に当たり気が触れたと勘違いした友人に宥め賺されるでもなくて
品川の手前は北品川で馬込の次が西馬込なのに日本橋の先が東日本橋じゃなくて
人形町なんだけど浅草橋のあともやっぱり浅草じゃなくて蔵前がくるんだ、と言った。

沙織はツートンの制服に蛍光色のセーター
カーキのショートコートに袖を通すと寒そうに彼を見て小さなあくびをした。
「K社でしたら23階ですからすぐそこのエレベーターをお使い下さい」

なぜ彼の向かうフロアが23階のK社と彼女に分かったのかというとおそらく
彼の訪れる30分前あたりで彼のような有象無象にある程度の耐性が付いたからだろう。
しかし針谷も一つあくびをするとぶるぶるっと全身を震わせていやもういいんです。と笑い
たとえば今僕の着ているベストはリバーシブルなんですがってどうでもいいか
ベストに限らず生まれてこの方リバーシブルを着こなしてる人間を見たことがないとか
手触りのいいスウェードなのに妊娠線付きのビール腹が透けて見える会社経営者とか
「起業!起業!」と夢を肴に飲んだくれる起業以前にもう人間廃業な学生とか
本題が深刻すぎて本当は引っ剥がしたいのに誰も手を伸ばせない奴のカツラとか
1時間カタログ眺めて2日考えて3週間後に配達された引き出物が期待はずれとか
告別式が一段落して親族席で一番酒をかっ食らってる人間が一番故人に関係ないとか
そんなことばかり気にしてるから行っても意味ないです、と自分の襟足を撫でたので
「ナルシスト」「ペシミスト」と書かれたノートの左欄に「正」の字を付け足す沙織だった。
スポンサーサイト


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。