--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/11/04 (Fri) 14:54

セミナー開始から終了までは4時間ジャストの240分、
口下手な自分の担当は7割だから「すべて首尾良く」なんてまずあり得ないんだけど、
まあでも今回ばかりは手応え大いにあった方で、会場全体の雰囲気も中々上々。
途中Vの送出ミスがあったりしていっちょ後輩のPAを張り倒してやろうかとも思ったけど、
ひとまず双方笑顔で締められそうと達成感と高揚感とで頬を赤らめながら、
一回りは年下の聴衆を見回し「何か質問ありますかあ」と猫なで声で尋ねると、
男女合わせて100は下らないだろう、フロアの入り口付近から「じゃ」と声が上がった。

本日御社のお話を伺いに参ったのは他でもありません
世界に名高いリーディングカンパニーである御社に興味があり
経営理念企業体制商品開発営業方針製造過程人材育成福利厚生
その他諸々他社とは決定的に異なる御社の強みを少しでも探れればと
新調したてのYシャツもはちきれんばかりの期待で胸膨らませておったわけですが

が。「が」ときた。なんてこった。
質問者は男だ。こんな重たっ苦しい枕詞なんか使うのは男と相場が決まっている。
空気が読めてないのか、読めてないことで逆に可愛さアピールなのか、
どっちにしろ本人が本心から聞きたくもなさそうなことばかり男は聞いてくる。うんこ。
その点、女はいい。森を見るから。森を見つつ四方の枝木にも配慮を絶やさないから。
いくつか用意しといた選択肢の中から、似つかわしい質問をしっかりとチョイスする。
たとえば今日みたいな四大卒予定の連中しかいないような企業説明会の場合、
まがりなりにも「四大卒予定」だから、どいつも多少のリサーチは済ましてるはずで、
まかり間違っても言葉の端々に「アホ」だの「クソ」だのといった感情が見え隠れする、
もしくは匂い立つような、プレゼンター引いては企業への喧嘩の売り方は得策じゃない。
とどのつまりはあんな前置きをしてる時点で可愛さアピールどころか、
ズバリ天下御免の向こう見ず、大海知らずの親知らずと知らしめとるのだよ小童がっ

あのすいません聞いてますか

聞いてますよもちろん聞いてます
今朝平らげたつもりのエッグ・ベネディクトが胃袋で悪さしてるだけなんですってば
つーかね、アメリカから帰ってもう6年するのにまだ向こうの水が懐かしくて
てか日本の水が酷すぎなだけなんだけど。何が「金沢水系」だっつーの、痴れ者めっ
というわけで今ゴクゴク飲んでるのが先月買収したとこが作ってたミネラルウォーター
来月らへんには成分パッケージや宣伝広告その他全面的に改良を加えまして
商品名まで変えたらまったくの別物じゃないのっていうツッコミはご愛敬でご勘弁
全国大手スーパーコンビニ並びに今流行りのウォーターバーで一斉売り出し棚卸し
ショーケースに陳列されちゃいますので買わなきゃ殺すぞ下衆野郎

と言わんばかりの表情を旬を過ぎたプレゼンターの分際で浮かべる彼女、
ひとまず名刺だけ貰っといて後で個人的に連絡取れないかなと質問者の彼は思った。
スポンサーサイト


Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。