--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/09/09 (Fri) 03:49

買い換えたばかりでフル充電の新しい携帯にはメモリがない。

「ゼロからスタート」って耳障りのいい言葉だけど、
地盤看板鞄の何一つない若者が国政選挙に打って出る以上に勝ち目のない賭けだと思う。
要は箸にも棒にもかからない駄洒落を流行語大賞にでっち上げるとか、
今年塩田だった土地を来年二期作用に耕すといった類の無謀な愚策にほかならないのだ。
まあそんなわけでここ数日は旧知の間柄から手当たり次第に聞き込みの頼み込みで、
おとついの晩も大学同期の連中と飲んだついでにせっかくだからと頭を下げてみたところ、
大事な物をなくし、なくしたことを忘れるのが僕の十八番だということを彼らは知ってるから、
含み笑いを浮かべながら、差し障りない程度の個人情報漏洩を快諾してくれた。

とそこへ携帯がぶるぶるした。
ぶるぶるなんてもう何年ぶりだろう。号泣だったら日常茶飯事なのに。
先週も「渡鬼」を見ながらふるふる泣いた。
その日は小島眞ことえなりかずきが台風の目と化した回で、
両親に何やかやを相談しづらくなった思春期の眞が内緒でホームページを作ったものの、
加津の入れ知恵で二人が見ていたことを知って逆ギレ、という話だった。
つーかホームページなんか誰でも見られるのが当たり前なんだし、
もうじき受験を控えた高三とは思えない馬鹿さ加減を象徴した
「俺に隠れて俺の日記盗み見してたなんて汚いじゃないか!」って発言からしてうんこで、
当然「幸楽」は混乱、キミ激怒で五月バッシングという盤石の流れに落ち着くのだが、
ここで普段禿げ散らかしてるだけの父・勇が突然語り出し、僕の涙腺は見事に決壊した。

父さん家庭の事情で大学行けなくてな、一時期は親のこと憎んだりもしたよ。
でもお前の場合は行けるんだから。
眞が行きたいと思ったら行くべきなんだし、行きたくないと思ったらそれでも構わない。
将来の進路なんて、そう簡単に決められるもんじゃないんだよな。
大学行ってさ、これから先のことを考えるっていうのも一つの手だと思うよ。
あと金のことなら心配する必要ないぞ。父さんと母さんがちゃんと何とかするから。

「何とかするの図」が脳裏をよぎっただけでもうダメ、
「息子の父親」って不均衡な構図が垣間見えた時点ですでにストライクゾーンなのだった。
とにかくそのときは映画「東京タワー」の岡田君を意識しながら頬に一筋伝わせて、
その翌週も「Dr.コトー」を見て、時任三郎親子がぎこちなく抱き合ってる姿にふるふるした。
そうあくまで「ふるふる」なのであって、「ぶるぶる」ではなかった。
目をドットにして液晶を覗き込み、掛かってきた番号が登録されてないことを確認し、
自分以外の面々が携帯を弄ってる一人を除いては四人、食と恋愛談義に興じていたので、
さりげなく席を外して電話に出ることにした。

「もしもし」
「(甲高い女の声で)もしもーし♪」
「あのすいません、いったいどちら様ですか」
「えっ覚えてないのー?嘘でしょー!」
「嘘じゃないです。全然覚えがないんで教えて貰えませんか」
「(野太い男の声で)電話変わるけどちょっといい?」
「なんでしょう」

「今から言う口座に30万ばかし振り込んでくれないかなあ」

咄嗟に切った。切ってしまった。
やましいことなんて一ミクロンもないのにしめしめ面白がる余裕は皆無に等しかった僕が
そそくさと席に戻って「振り込め!振り込め!」と興奮気味に語ると、
連中は「はあ?何を抜かしているのだよ君は」といった表情でへらへらしているので、
訝しげに各人の顔を窺えば、さっきメールを打ってると思ってた奴が明らかに「黒」だった。
スポンサーサイト


Comment


なにこの短編小説!!
志賀とか太宰とか思い出したよ。

>スチさん
日本語奥深すぎて小説なんて書けないよ。
喋りだけでもジョージ・フィールズばりになりたい。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。