--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/10/13 (Thu) 01:36



「元ジュンカッツのジュンの方」

そう聞いて、
浅丘ルリ子似な渡辺満里奈の旦那を思い浮かべる20代前半がどれだけいるだろう。
かくいう自分も彼については昔フレンドパークで前説をしていたとか、
最初からネプチューンという三人組ではなかったといった程度の知識しかなくて、
当時のコンビ名もたまたまナイナイ岡村がラジオの中で、
「アイツとよう電話すんねん」と漏らしたとき、初めて耳にしたのだった。
そんな元ジュンカッツのジュンの方が出てる深夜番組をある晩何気なく見ていると、
一人の女の子が「リップとガムは一度コレって決めたら絶対変えないの」といっていた。
そして女の子が今週の尺は取ったとでもいいたげな顔をしていると、
思い当たる節があったのか、元ジュンカッツのジュンの方もエラを張り出して、
「そうそう俺もオロナミンCずっと飲んでんねん」と安めぐみに力説していた。

いわれてみればそんな気もする。リップやガムと自分との関係は至ってドライだ。
結婚した途端に付き合ってた頃と比べてすっかり緊張感を失くしてしまった二人とは違う、
つかず離れずなアンバランスさがそこにはあるのかもしれない。
たとえば、キヲスクでの「コレ頂戴」「ハイ百五円」に僕は一瞬だけスリルを感じる。
番台の森光子やたばこ屋の原ひさ子みたいなおばちゃんとの間にではない。
相手は数多の雑誌に追いやられて片隅で陣取っている心ない直方体の群れであり、
「華麗なる賭け」でマックイーンとフェイ・ダナウェイが交わした熱いチェスを、
「ヒート」で銃撃戦の前にデニーロとパチーノが楽しんだ会食をこちらに仕掛けてくるのだ。
非なんかない。でもたじろいでしまう。つまんでは戻しを繰り返してしまう。なぜだ。
昔の人に、今の人に、あとこれから先の人に、
「ねえほんとにそれでいいの」と陳列棚から試し見されてる錯覚を覚えるからだろうか。

固くて冷たい座椅子の上でそんなことを考えてたら「じゅん」「じゅん」としました。

スポンサーサイト

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。