--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/09/20 (Tue) 01:06

痰の切れない一週間であった。
ヴィックス舐めてもヴェポラップ首周りに塗ってもただ単にすうすうするばかりで、
僕が卒園式一歩手前か小学校校上がりたての頃に見た
昼ドラの高木美保ばりに情念むき出しといった様子の咳ばかりしている七日間であった。

月曜は岩本町から秋葉原へのくんだりで横切る公園にたむろする斜陽族と、
待ち合わせのみならず今後の交際も反故にされた若者一名としばしの珈琲たいむを過ごし、
火曜は「もうおうち帰れないでしょ?絶対酔ってるよーおれんち泊まろうよー」と
やたら人生に前向きというかこと恋愛に関しては肯定口調のチャラ男に颯爽と踵を返し、
水曜は東京都大井町を神奈川県川崎市と言って聞かないゆとり教育の敗北者と盃を交わし、
木曜は漫喫のネットカフェで堪え性のない性欲を余すことなく吐き出す一般客Aを熱演し、
金曜は新橋駅からなだれ込んできた営業三課の田中君ご一行様を陰ながら足蹴にした。
そして土曜は笑ってやり過ごし、
日曜は西新宿で知恵熱の出そうな勉強のあと出来合いのカップルに年寄りの打ち水。
月曜は二週間近く前に白の照明をてらてらとつけた東京タワーを背に芝浦まで歩いた。

スポンサーサイト

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。