--/--/-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2005/08/12 (Fri) 00:43

私の名前はリンカーン6エコーでもジョーダン2デルタでもないが、
昨日はさる企業が「『アイランド』にきてください。」というので西新宿まで行ってきた。
西新宿のアイランドという響きからしてまずきな臭さを感じるのが当然なのに、
アイランドと聞いて真っ先に石川優子の顔がチラついてしまうのはエイティーズの性で、
地下鉄丸ノ内線の改札口を出てエスカレーターを上り始めた瞬間、
おそらく視界には「都心に突如現れた南国の楽園」が飛び込んでくるものと思いきや、
地下通路の案内図に示された「アイランド」は楽園どころかクローン人間の墓場でもなく、
ただの高層ビルヂングだった。トールサイズであった。
アイランドタワーにアイランドレジデンスに、アイランドウイングにアイランドパティオ。
「負ける気がしねえ」と啖呵切ったロト6で有り金使い果たしたような気分になった。
都庁に向かう横分けを横目に家路が恋しくなり始めた田舎侍だったが、
猛烈な喉の渇きを覚えていったんアイランドレストラン街の洋食屋に入ることにした。
ハイソな外観に自由が丘テイスト満載の店内。汁粉の値段も怖くて読めない。
カルチャーショックとホームシックを一度に起こした鈍ら侍は元来た道を踊って帰った。

スポンサーサイト

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。